logo

tel

初めましてピーキューブですリフォームを始める前にリノベーションリフォーム大規模改修

よくある質問

新着情報


物件探しのお手伝い


調査から引渡まで


資料請求


相談


よくある質問


会社概要


個人情報保護方針


blog


FB


施工事例


住宅のリフォームに関する
様々な疑問にお応えします!
ピーキューブのFAQ


リフォームとは?

住宅リフォームとは増改築、修理補修、模様替えなど既存の住宅に対するさまざまな改良工事を指します。

リノベーションとは?

古くなった建築物の機能を建替えず性能を刷新すること。

スケルトンリフォームととは?

骨組み(躯体)のみを残しすべて撤去し一からの作り直すことで、リノベーションとも言われる事があります。

リフォームで何が出来るのですか?

小さな仕事から大きな仕事と多岐にわたり、色々なことが出来ます。まず、小さな工事では畳の入替えから壁紙の張替などがあり、大きな工事では、部屋の一部の間取り変更などになります。

リノベーション・リフォームで後悔しないためには、どうしたら良いのですか?

ここでのポイントは、おまかせにしない事です。そしてあなたの希望をしっかり伝えて下さい。わからないことは絶対に聞くことです。わからないことや疑問に思うことをそのままにしておくと「こんなイメージではなかった」と嘆くことになるかもしれません。
不明な点や疑問があったら、是非何でもご質問して下さい。

リノベーション・リフォームで快適な空間にしたいと思っていますが、どうすればいいのですか?

一番大事なことは、夢と希望プラス現実を明確にする事です。
それは、漠然として難しいと思われる方々も多いでしょう。その為に、当社のP-リモデリングシステムがあります。お客さまの「夢・希望」をお聞きして複数のタイプのプランナーの提案を見ていただきます。それに「自分の夢・希望」に一番近い提案を選んでいただきます。そして、次は現実です。現実とは予算になりますが「夢・希望」は良いのだが、予算が・・・。その為に、当社に資金計画のプロフェショナルプランナーがいます。資金がなくてもOKです。ご相談は無料です。

リノベーション・リフォームしたいと思っていますが、なかなか前に進みません?

なぜ、リノベーション・リフォームをしたいと考えているのでしょうか?目的を明確にしましょう。「収納が足りない」「明るいおしゃれな住まいにしたい」「間取りが・・・」などがあります。リノベーション・リフォームの目的プラス動機がないと納得いくリノベーション・リフォームが望めません。リノベーション・リフォームの必要性を明確にしましょう。

リノベーション・リフォーム以外でもP-リモデリングシステムは可能ですか?

可能です。お客様のご要望にお応えします。

一般のリノベーション・リフォーム会社とはどう違うの?

大きく違う点は、いろいろなデザインを見比べて検討できる事です。
当社は、これをP-リモデリングシステムと言っています。あなたの為のBESTCHOICE(あなただけのイメージを多くのプランナーからあなたへ提案する形その中から、あなたにぴったりなライフステージを選ぶシステム)とても贅沢なシステムです。お客様にとっては、満足できる住まい作りができることでしょう。
ただ、お客様こそプランナーであることを忘れないで下さい。それを形にとお手伝いするのが当社のP-リモデリングシステムなのです。

マンションに住んでいますが、リノベーション・リフォームの間はどうすればいいの?

リノベーション・リフォームの工事が小さいものであれば、荷物の移動で可能な場合がありますが、大きな工事(リノベーションなど)になりますと、仮住まいの準備や荷物の一時預かり(トランクルームなど)必要となる場合があります。

予算はどのくらい必要になりますか?

お客様の理想の空間は様々あります。その為に選ばれる部材から工法によって金額が変化いたしますので、一度お問合せください。

工事期間はどのくらい必要になるの?

一部の小さな工事ではその日で完了しますが、大きな工事になりますと2週間以上かかる工事もあります。

リノベーション・リフォームをした場合の保証はどのようになってますか?

当社は、国土交通省の定めるアフターサービス基準(最長10年間)を整えております。

契約後の設計・設備の変更はできますか?

可能です。しかし、商品の種類によっては対応できない場合もあります。また、変更になりますとコストも変動することがあります。

デザイナーマンションみたいな感じにしたいけど、自分のイメージは伝わるのかな?

ポイントは、自分のイメージを雑誌の写真やお店など見てわかるもの集めておく事です。
言葉では表現するのは、難しいので「百聞は一見にしかず」自分のイメージに近いものをファイルやアルバムなどに集めておいた方がプランナーに伝わりやすいです。それに自分のイメージを言葉としてプラスしてください。
集めていくにつれて、「夢・希望」につながっていきます。そして何より目 的が明確になっていくのがわかると思います。



はじめましてP-cubeです住宅 リフォーム・リノベーション店舗・事務所 リフォーム・リノベーションマンション・ビル 大規模改修施工事例
新着情報物件探しのお手伝い調査から引渡の流れ資料請求・お問い合わせリフォーム・リノベーション相談よくある質問会社概要個人情報保護方針topへ